フィリピンへの語学留学について

###Site Name###

これまで英語の語学留学といえばアメリカかイギリス、カナダ、近いところでもオーストラリアやニュージーランドというところでしたが、比較的安くいけるというニュージーランドに行ったにしてもそれなりのお金がかかかるので、ハードルが高かったのが実情です。

ところが、アジアには英語を公用語としている国があるのです。たとえばフィリピンは母国語であるフィリピン語と英語が公用語になっています。

アメリカの植民地になっていた時代があったこともあり英語は国民の間に相当普及しています。
このフィリピンへなら、欧米への語学留学のような高額な費用をかけずに行くことが可能です。



物価も安く、日本から近いことから渡航費も安いですし、人件費も安いので現地の語学学校の経費も安く設定されているようです。

留学に要する経費は欧米に比べると半分以下と言われています。



語学学校もマンツーマン指導が主流と言われていますので効果も期待できるようです。
また、同じアジアで温暖な気候も魅力とされています。


ただ、メリットだけでなくデメリットもあります。
母国語が英語でないこともあり、国民の間に多少の訛りのようなものがあるといいますし、国民は英語は話せますが、通常英語を話しているわけではありません。

また、日本に比べれば治安が悪いので、それなりにの対策が必要です。



インターネット環境も脆弱ですし、食事が口に合わないと言われる方もいらっしゃいます。

もし語学留学をお考えなら、こうしたメリットとデメリットをよく考えてお決めになるといいかもしれません。